にきび予防のために気を付ける事

にきび予防のために気を付ける事

10代~20代の特に自分の外見が気になる時期に、「にきび」が顔に出来てしまうと、とても嫌な気持ちがするものです。

にきび、の出来る仕組みはどうなっているのでしょうか、また適切な予防法にはどんなものがあるのでしょうか?にきびとは、男性ホルモンの影響で分泌が盛んになった皮脂が毛穴を詰まらせる事により、アクネ菌が増殖する為に起きる皮膚の病気です。アクネ菌とは、顔に普通に存在する常在菌で、もともとは病原菌等のように、悪いものではありません。



ただ、このアクネ菌の性質状、皮脂の多い所に増殖してしまうため、特に皮脂の分泌が盛んな10代、20代の時期に「にきび」が出来てしまうのです。にきびの予防には、第一に、十分な睡眠、第二に適切な食事、第三に正しい洗顔と保湿が重要です。まず第一の睡眠ですが、睡眠が不足すると、自律神経のバランスが崩れ、男性ホルモンの分泌量が増えます。

すると、皮脂が増加してアクネ菌の増殖を招いてしまいます。

M3Qの正しい情報を手に入れましょう。

第二の食事ですが、ビタミンA、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンC、コラーゲン、ミネラルが、特に摂取したい栄養素です。



にんじん、ほうれんそうなどの緑黄色野菜、納豆、うなぎ、まいたけ、まぐろ、鶏肉、等に含まれています。
バランスや量、食事時間に気を付ける事も必要です。

第三の正しい洗顔と保湿ですが、洗いすぎてはいけません。

皮脂が少なすぎると、肌が乾燥して、よけいに皮脂の分泌を盛んにしてしまいます。洗顔は基本的には一日二回。
そして、しっかり保湿してください。

それでも、出来てしまった場合には、決して潰したり、過度に患部を触ってはいけません。

皮膚を清潔に保ち、薬を使いましょう。


出来れば、皮膚科などの専門医を受診して治療を行うと、治りも早く跡も残りません。

Copyright (C) 2015 にきび予防のために気を付ける事 All Rights Reserved.